多重債務問題の今と今後を考えてみる
多重債務問題を考える

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
多重債務問題は早急な手立てが必要

現在の借入を返済し続けることが難しくなってしまった場合には、早急な手立てが必要です。 多重債務問題を大きくしてしまうのは気の迷いです。 時間が経つほど負債はどんどん膨らみます。 ですから、迅速な対応がこれからの生活に影響するのです。

ここでは、どうして多重債務問題へ対応するために迅速さが必要かを解説します。

▼利息は1日ごとにどんどん増えている

借入にはかならず利息が付帯されます。 あらかじめ金利の情報は必ず提示されているので、どれだけ多く元金を超えて返済しなければいけないかがわかるでしょう。 自分が借入を行っている業者のホームページを参照するだけでも確認が可能です。

ただし、現状借入を行っている金額に、どれだけプラスしなければならないかを把握すると、負担の大きさに驚く方も多いでしょう。 たとえば、100万円の借入を行っているのであれば、年利18%の計算で、月に1万5千円ほどの利息が付帯されることになります。 つまり、毎月1万5千円以上の返済をしなければ、一向に元金が減らないのです。

もしも返済をコツコツ行っていたとしても、利息分が大きな障害となります。 生活を維持しながら返済する額の限界は、収入の3分の1と言われています。 自分の収入を考えると、その限界が見えてくるのではないでしょうか。 既にその水準を超えて借入を行っているのであれば、早急な対応が必要でしょう。

▼多重債務問題の早急な手立て

多重債務問題は早急に対応しなければ被害がどんどん拡大します。 借入を行っている業者からの督促の連絡も、本人、職場、家族へととめどなく行われるでしょう。 特に、ヤミ金にまで手を出してしまった場合には、昼夜を問わずに連絡がきます。 精神的にも追いつめられ、冷静な判断が下せなくなってしまうかもしれません。

そんなことになる前に多重債務問題の解決に向けた行動を行わなければ、 一生を棒に振ってしまうことも否めません。 ですから、法的手続きを見据えて弁護士に相談することが重要となります。

弁護士に多重債務問題の解決を依頼するのは、メリットが大きいからです。 まずは督促の連絡は一切なくなります。 弁護士が介入したという通知を借入している業者に送付した時点で、このような変化が訪れます。 それだけでも心理的負担は大きく軽減されるでしょう。

さらに、現状を踏まえて最善策を考えてくれるため、生活の維持をしながら家計の再建に向けたお手伝いをしてくれるのです。 早急に相談することで、借入がなかった元の生活に戻ることができます。 ですから、返済に無理が生じているのであれば、弁護士への相談は必須です。

もし、弁護士に相談することに抵抗がある場合は、金融庁のホームページに主な相談窓口の案内があるので、 まずはそちらを確認するようにしてください。



Copyright ©2014 多重債務問題の今と今後を考える All Rights Reserved.