多重債務問題の今と今後を考えてみる
多重債務問題を考える

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
二度と多重債務問題を抱えないための生活管理

多重債務問題を解決するためには、生活の根本を変える必要があります。 現状の生活スタイルでは収支のバランスが取れていないからこそ、多重債務となっているのです。 ですから、生活に対する意識を改革することが、これからの生活を維持するポイントとなるのです。

ここでは、生活管理から二度と多重債務を背負わないためのポイントを解説します。

▼収入から固定費を引いて生活管理を行う

毎月の収入から固定費を差し引くことによって、生活に使える金額がはっきりします。 まずは毎月の支出監理を行うことによって、節度ある生活ができるのです。 自分の身の丈に合った生活を行っていなければ、誰でも多重債務問題を抱えることになります。

毎月必ず出ていくお金は、ある程度の傾向をつかむことができるでしょう。 住居代や電話代、電気代、水道代、ガソリン代など、公共料金や生活に必要な資源の金額は、数か月分の傾向を確認するだけでも十分です。

ですから、こうした金額を収入から差し引いて考えることで、生活費として利用することができる金額が明確になります。

はじめに月の収支をしっかり管理しておかなければ、ついつい使ってしまうという行動が発生するのです。 二度と多重債務問題を抱えないためには、自分の意識を変える努力をすべきなのです。

▼何となく使う癖を抑制するのが重要

コンビニエンスストアが住まいの近くにあり、いつでも欲しいものが簡単に手に入る時代。 ネット通販など、自宅に居ながら色々なものが手に入ってしまう時代です。 ですから、何となくお金を使ってしまう誘惑も多いのです。

ただし、二度と多重債務問題を生活に持ち込まないためにも、お金の使い方は目的意識を常に持つべきなのです。 何となく使ってしまっているものを割り出すことによって、摂生を心掛けることができるでしょう。

まずは1か月分のレシートを貯めておくことによって、生活のスタンスが見えてきます。 毎日コンビニエンスストアでペットボトル飲料を購入するだけでも、約150円×30日で4500円の出費になります。 飲み物一つでこれだけの出費が発生する可能性があるのです。 ですから、生活のスタンスを変えるだけでも、節約効果は絶大です。

これからの生活を大切にしたいのであれば、徹底して出費の管理を行うべきなのです。 それが、多重債務問題を繰り返さないポイントです。



Copyright ©2014 多重債務問題の今と今後を考える All Rights Reserved.