多重債務問題の今と今後を考えてみる
多重債務問題を考える

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
多重債務問題で生活が脅かされる

借入への返済が難しくなってしまうと、新たな借入を行って対応する。 こうした流れが自然な対応となっています。 やはり、迅速に対応するには同じような現金借り入れが迅速に行える業者を頼ってしまいがち。 ただ、それは生活を破滅の方向に加速させているだけなのです。

ここでは、生活が脅かされる返済能力の限界と、その後の対応について解説します。

▼借入を返済する能力の限界を超えた場合の被害

収入の3分の1を超える金額が返済能力の限界とされている現在。 その額をすでに超えているという方も多いでしょう。

どんどん新規の借入ができなくなり、返済金額だけが増えていくとなると、多重債務問題で生活が脅かされてしまいます。 クレジットカードや消費者金融、ヤミ金を含めて借入ができる業者は数多く存在します。 ただ、どの業者も使った分はしっかり返済しなければ相応の対応を取られるのです。 返済が困難になり、督促の連絡がきてしまうこともあるでしょう。 ぜにぞうさんのサイトに書かれているような 返済の基礎知識がないままに安易に借入してしまうと、そういう事態を招いてしまいます。

そんな状態に陥ってしまっては、自力では元の生活に戻すことは不可能です。 だからといって、収入を倍増させることはできません。 つまり、手詰まりの状態になってしまうと、自分だけでなく、家族や職場にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

ですから、多重債務問題の解決の糸口が見えてこないのであれば、今後を見据えた決断をしなければなりません。 現在の生活を守りたいと思っているのであればなおさらです。

返済能力を超えた借入れ

▼法的手続きが唯一の打開策となる

多重債務問題は、自分一人が苦労するのであれば、ある程度の我慢はできるでしょう。 しかし、それだけでは済まないのが多重債務問題というものなのです。 だからこそ、法的手続きを視野に入れて弁護士に相談するのが良いのです。

法的手続きといっても色々な対応があるので、これからの生活を見据え、現状を踏まえた決断が可能です。 弁護士が介入して多重債務問題の解決をするにも、自己破産や個人再生、任意整理などがあります。 そのどれを適用して対応するかは、借入の状況や今後の返済能力、現在の財産の状況など、色々な情報を踏まえた決断が必要になります。 ですから、法的手続きを行うにしても、個人が勝手に処理することは困難なのです。



Copyright ©2014 多重債務問題の今と今後を考える All Rights Reserved.