多重債務問題の今と今後を考えてみる
多重債務問題を考える

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
多重債務問題を円滑に解決する方法

多重債務問題をいち早く解決するのであれば、弁護士の存在は欠かせません。 法的手続きに移行することによって、生活が大きく変化します。 今まで多くの苦労を背負い、精神的にも追いつめられていた荷が下りるだけでも、新たな生活に向かって歩もうとする意欲がわいてきます。

そんなお手伝いをしてくれる弁護士の存在は、多重債務問題を解決する唯一の手段です。 その弁護士が実行できる効力についてをここでは解説します。

▼現状を踏まえた解決策の相談が重要

弁護士がお手伝いできる手段はいくつか存在します。 ですから、現状を把握したうえで、どのような方法で解決すべきかを相談する必要があるのです。

まずは自己破産の手続きです。 名前の通り、借入の返済ができないという事実を証明し、一切の借入に対する返済を放棄する対応です。 ただし、これには色々な制限が生じるようになります。

現在保有している財産を手放さなければなりません。 住まいや車など、財産に換算されるものは取り上げられてしまいます。 だからこそ、別な手段での解決を望む声も強いのです。

住まいや車を残すことができる可能性がある個人再生手続き。 これは、返済額が減額される措置であり、法的手続きが通ったあとも、生活費の中から決められた金額の返済が必要です。 その分、現状と変わらない生活環境が手に入るのが大きなメリットとされています。

他にも、任意整理といって、過払金が発生するような借入を行っていたりする場合にも有効です。 もちろん、借入の大幅な減額を行って返済をすることができるので、生活負担が大きく軽減されるかもしれません。

このように、簡単に列記するだけでもいくつもの対応が存在するのです。 だからこそ、現状を踏まえた解決策の検討が必要になるのでしょう。

▼弁護士への相談が意外な解決となる例もある

借入先に困ってしまい、危険性はわかっていてもヤミ金に手を出してしまうことがあります。 それをきっかけに、生活の崩壊が加速してしまうということも多いのです。

ただ、ヤミ金への対応を弁護士への相談をすると、意外な対応に驚くこともあるでしょう。 ヤミ金への対応は破産手続きなどではなく、契約そのものを解消させるような手続きに移行することもあります。

出資法に違反して運営が行われているヤミ金は、そもそも利息分を返済する義務はありません。 貸し借りの契約を行ってはいけない業者なので、契約自体を無効にすることができるのです。

このように、弁護士への相談によって、円滑に解決すための道が必ず切り開かれます。 現状を踏まえて適切に、迅速に対応してくれるので、新たな生活に希望を抱くこともできるでしょう。



Copyright ©2014 多重債務問題の今と今後を考える All Rights Reserved.