多重債務問題の今と今後を考えてみる
多重債務問題を考える

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
多重債務問題を解決する法的手段は比較が重要

多重債務問題を解決する法的手段はいくつも存在します。

その中で何を選択すべきかは、相談者と弁護士とで決められます。 ただ、弁護士の技量によって法的手続きを行っても成功するとは限らないのです。

ここでは、法的手続きを見据えて弁護士への相談を行う場合のポイントを解説します。

▼多様な解決策の提案が成されるかを確認する

任意整理で対応ができるようなケースであっても、自己破産を勧めてくる弁護士がいるのは事実。 ですから、相談者もそれなりの知識を身に付けなければなりません。

自分がこれから選択すべき道がどこになるかは、弁護士任せではいけないのです。 相談する側もいくつものケースを想定したうえで、今後の生活を考えなければなりません。

弁護士への相談を行うのであれば、どのようにして多重債務問題を解決するかを率直に伺うのが良いでしょう。 差し迫った状態であれば自己破産しか選択肢がないこともあるかもしれませんが、いくつもの選択肢から選ぶことができる場合が多いのです。 ですから、多様な解決策の提案が成されるかを確認すべきなのです。

弁護士側がメリットとなるような対応だけを押し付けてくれるところに相談しても、期待する未来は待っていません。 だからこそ、対応から今後の明るい未来が期待できるところを絞り込むことが重要なのです。

▼複数の法律事務所への相談が比較のカギ

一人の弁護士に多重債務問題の解決についてを相談しても、それが正しい判断であるかの評価は難しいでしょう。 ですから、比較検討を行うことが重要になります。

比較を行うメリットとしては、客観的な判断を下せることです。 自分では最善策と思っていても、弁護士に諭されてしまうと考えが変わることもあります。 ただし、それが正しい判断であると鵜呑みにしてしまってはいけないのです。 複数の弁護士に相談して統一見解が得られてこそ、自分が選択すべきものであると判断するのが良いかもしれません。

やはり、法的手続きを取るということは、これからの生活を大きく変えることになります。 だからこそ、自分にとってメリットがあるような手段でなければならないのです。 弁護士の利益のために多重債務問題を相談するわけではありません。 そのためにも、比較対象を設けることが重要になるのでしょう。



Copyright ©2014 多重債務問題の今と今後を考える All Rights Reserved.