多重債務問題の今と今後を考えてみる
多重債務問題を考える

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
弁護士介入が多重債務問題の明暗を分ける

弁護士介入を行うことによって、多重債務問題の解決が大きく前進します。 というよりも、弁護士への相談を行わなければ、解決は不可能です。 だからこそ、どのタイミングで相談するかが今後の明暗を分けるのです。

ここでは、弁護士へ多重債務問題を相談するタイミングについてを解説します。

▼弁護士への相談はいつでもすべき

弁護士相談

借入の返済ができなくなってから相談するのでは、対応できる手段が限られます。 できるだけ選択肢が多い状態で解決に臨みたいのであれば、借入を行っている現状を把握してもらうため、早急な相談が必要です。

順当に返済を行っている場合であっても、法的手続きによって問題解決ができるかもしれません。 たとえば、利息を多く払いすぎている場合には、弁護士の介入で適切な利息に計算し直し、返済を行うことができるようになります。 すでに払い過ぎていた利息分を借入の返済に充当させ、返済終了になることもあるのです。

このような手続きを行うには、弁護士の協力が必要不可欠。 ですから、借入を行っているという方は、多重債務問題が加速する前に相談し、どのような対応ができるかを相談しても良いのです。

いくら口コミなどで評判な業者であっても、法律の手を借りて対応することによって、自分にデメリットとなっている部分が明確になります。 毎月の返済が負担に感じているというのであれば、すぐにでも相談するのが良いかもしれません。

▼収入と返済のバランスを試算するのは重要

収入の3分の1を超えて返済をしているという場合には、すでに返済能力を超えています。 つまり、早急に弁護士へ相談して法的手続きに移行しなければ、どんどん借入の総額が膨らんでしまいます。

多重債務問題の解決を分けるのが、弁護士介入のタイミングです。 生活を維持するために消えていく収入を踏まえても、生活維持が難しいと判断されたのであれば、すぐにでも相談を検討すべきです。

弁護士が介入することによって、その後の借入に対する利息付帯がストップします。 これ以上借入金額を膨らませないためにも、介入が明暗を分けるのです。

その上で最善策を検討していくのが、今後の生活にもプラスとなるのです。 だからこそ、収入と返済のバランスを試算して、自分では完済させることができないという場合には、弁護士の元を訪れるべきなのです。



Copyright ©2014 多重債務問題の今と今後を考える All Rights Reserved.